消化器科・胃腸科,羽田,本羽田の内科,小児科,消化器科,胃腸科,内視鏡検査,往診(訪問診療)

山田医院

消化器科・胃腸科│羽田,本羽田の内科,小児科,消化器科,胃腸科

03-3741-2258
東京都大田区羽田2-22-3 駐車場有り
京浜急行空港線「大鳥居」駅・「穴守稲荷」駅より 徒歩8分

消化器科・胃腸科

gastrointestinal medicine

消化器内科

消化管は、のどから(食道→胃→小腸(十二指腸→空腸→回腸)→大腸)肛門までと、各部位に名前がついていますが連続する一本の管腔臓器で、全長は約9mに及びます。各部位ごとに特有の病気やいろいろな部位にまたがる病気があり、それは、消化管だけにとどまらず、おなかの中にある肝臓・胆のう、すい臓などとも密接に関係するため、これらを全般的に診療するのが消化器内科になります。

症状としては、胸の痛み、胸やけ、げっぷ、のどのつかえ、のどの違和感、胃のもたれ、膨満感、食欲不振、おう吐、吐血、腹痛、便秘、下痢、下血、尿が濃い、白目が黄色い、だるい、発熱、背部痛、腹水など、さまざまな症状が起こりえます。

消化管の病気としては、逆流性食道炎、バレット食道、アカラジア、食道癌、食道静脈瘤、マロリーワイス症候群、急性胃炎慢性胃炎、機能性ディスペプシア、消化性潰瘍胃癌、MALTリンパ腫、胃ポリープ、吸収不良症候群、腸閉塞、虫垂炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸憩室症、大腸ポリープ、消化管カルチノイド、GISTなどが、肝臓の病気としては、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肝臓癌などが、胆のうの病気としては、胆石症、胆のう炎、胆のうポリープ、急性胆管炎、胆のう癌、胆管癌などが、すい臓の病気には急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵のう胞性腫瘍、膵癌、膵内分泌腫瘍などがあります。

皆様の症状から、お腹の診察や採血、必要な場合は超音波検査や胃カメラ・大腸カメラをさせていただき病気を絞り込み診断していきます。そして、生活指導やお薬による治療、さらに大腸カメラでは日帰りでのポリープ切除をおこなっております。しかし、本院にある検査では診断が難しい場合や手術が必要な場合は、CT、MRIなどさらに高度な医療機器を備えた病院にすみやかにご紹介いたします。

2013年日本人死亡原因の第1位は36.4万人の癌、その内約半数の18万人が消化器系の癌でした。それらは早期であれば外科的手術せずに内科的に治療することも可能なこともあります。日本の内視鏡技術は世界トップレベルであり定期的な検査さえ怠らなければ早期発見が可能です。

本院では様々な機種(経口・経鼻内視鏡)や工夫(麻酔併用)により苦痛の少ない検査をしていただけるよう努力しておりますので、何でもご相談ください。

pagetop

食道

食道は約25センチの筋肉性の管で、その筋肉の蠕動(ぜんどう)運動(前進を伴う収縮運動)により、食物をのどから胃へ送る働きをしています。そして、下部括約筋の弛緩(ゆるみ)により、食物が胃に入るように調節されています。この機能に障害が起こると、嚥下(えんげ)障害(飲み込むことができない)や胸やけなどが起こります。また、また、解剖学的には、気管や大動脈と並んで、心臓のすぐ後ろ側にあります。

食道の病気について

逆流性食道炎・胃食道逆流症

酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)を含む、胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を逆流性食道炎といいます。

> 詳しくはこちら

食道癌

食道癌は、人口の高齢化に伴い増加傾向にあり、60代の男性、中部食道、扁平上皮癌が多いのが特徴です。

> 詳しくはこちら

pagetop

胃は食道と連続する噴門(ふんもん)から、胃底部、胃体部、幽門(ゆうもん)前庭部、幽門とよばれる部位で構成され、十二指腸へとつながっていきます。横隔膜の下、体のやや左寄りにあり、J字形をしています。噴門は食道への食物の逆流を防ぎ、幽門は十二指腸への食物の通過を調節しています。胃の中に食物が入ってくると、噴門から幽門にむかって蠕動(ぜんどう)運動(前進を伴う収縮運動)が起こります。このとき幽門はきちんと閉まり、胃壁から胃液(塩酸(胃酸)、ペプシノゲーン、粘液)が分泌され、蠕動運動によって食物がすりつぶされます。ペプシノーゲンは塩酸によりペプシンという酵素になりたんぱく質を分解し、小腸での消化・吸収の助けをします。胃で消化された食物がかゆ状になると幽門が開いて、少しずつ十二指腸に運ばれていきます。胃の内容物は、通常食後3~6時間で十二指腸へ運ばれますが、炭水化物食が最も速く、次いで蛋白質食、脂肪食の順で時間がかかります。胃はほかに、食物と一緒に入り込んだ細菌を胃酸で殺菌したり、身体にとって悪い物質を嘔吐して出す働きももっています。また、アルコールの一部が吸収されます。

 

胃の病気について

急性胃炎

種々の原因によって起こる胃粘膜の急性炎症です。胃薬で比較的早期に治ることが多い病気です。

> 詳しくはこちら

慢性胃炎

胃粘膜の炎症が長期化したために、胃粘膜自体にただれや肥厚、萎縮といった変化が起こってしまった状態で、ピロリ菌が深く関わっています。

> 詳しくはこちら

胃・十二指腸潰瘍

食後に痛くなるのは胃潰瘍、空腹時に痛くなるのは十二指腸潰瘍と言われています。

> 詳しくはこちら

胃癌

胃壁は内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下組織層、筋層、漿膜層の順に層を形成しています。その粘膜にできる悪性腫瘍で、早期がんと進行がんに分けられます。前者はその深さが粘膜下層までにとどまるもので、後者は筋層より深くまで達してしまったものをいいます。

> 詳しくはこちら

pagetop

小腸

小腸は胃と連続する十二指腸から空腸、回腸と呼ばれる部位で構成され、大腸へとつながっていきます。長さは約6mにもなりますが筋肉の収縮により3mほどになっています。

主な働きは食物の栄養分の吸収と輸送です。胃で消化されかゆ状になった食物は少しずつ、十二指腸に送り込まれます。十二指腸は太さ約5センチ、長さは約25~30センチで人の指を12本横に並べたぐらいの長さであったためこう呼ばれるようになりました。ここでは胆管を通って胆のうと肝臓から分泌される胆汁と膵管を通ってすい臓から分泌される膵液がいっしょに流れ込み、消化と吸収を助ける重要な働きをしています。空腸、回腸と進むと腸の太さはしだいに細くなり、終わりの部分では直径3センチくらいになります。小腸の粘膜からも消化酵素が分泌され、アミノ酸、ブドウ糖、グリセリド、脂肪酸などの最終的な分解物に消化します。そして、この内容物を収縮と弛緩を繰り返し移動させながら、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪)以外にビタミンなどを吸収していきます。小腸上皮で吸収された栄養素は肝臓に運ばれ、脂肪は分解され、リンパ管を経て血中に入ます。

また、小腸の内容物の硬さは、小腸を通過するにつれて徐々に変化していきます。十二指腸では、膵液と胆汁で薄められて、胃酸が弱められます。続いて小腸下部を通過するとき、水分、粘液、胆汁、膵酵素と混合されて水っぽい状態になり大腸へと送られます。

pagetop

大腸

大腸は直径5-8cm、全長約1.5-2mの管で、盲腸から始まり上行(じょうこう)結腸、横行(おうこう)結腸、下行(かこう)結腸、S状結腸、直腸で構成されています。盲腸は退化した器官で消化吸収には寄与しません。結腸は水っぽい状態になった食べ物を固形の便状に固くするために、水分塩分の吸収をおこないます。また、小腸で吸収しきれなかった食物繊維を大腸菌の働きで消化吸収をおこないます。大腸壁から分泌される大腸液には消化酵素は含まれず、粘液として糞便をなめらかにしています。そして筋肉の蠕動(ぜんどう)運動により、内容物を直腸に向かって移動させます。直腸は便を一時的にためておき、ある程度の量になり直腸壁が刺激されると、排便反射により便意がおき、腸の一部や腹部の筋肉が収縮し、同時に肛門の筋肉が開いて便が外に押し出されます。

pagetop